『花咲くいろは』『SHIROBAKO』に続く、P.A.WORKSの「お仕事シリーズ」第3弾。
ひょんなことから田舎町の観光大使に就任した女の子の一年間の奮闘を描く。

私にとって初のオリジナルアニメ。
とにかく苦労したし楽しかったので思い入れもひとしお。
シリーズ構成は横谷昌宏さん。サブは私一人だったので全25話中11本担当できた。
テーマはずばり「町おこし」。アニメでは極めて珍しい題材だと思う。
2014年に自主制作で映画『なつやすみの巨匠』を手掛けて以来、地方創生が私の中で大きなテーマとなっていた。
その矢先にこのオファーである。縁を感じずにはいられない。

とにかく思い入れが強い作品なので、私が関わった経緯から担当話数の解説までつぶさに記していこうと思う。
あくまでサブライターである私個人の見解であって、公式のそれではないことを明記しておく。

★企画参加の経緯
企画自体は3年ほど前から東宝とPAワークスの間で動いていたらしい。
2クールと長丁場なので横谷さんは分担できるサブが一人は欲しいと考えていた。
ただし題材が題材だけに、「実写も書けるライター」が望ましい。
そこで当時ちょうど『ALL OUT!!』で一緒だった私に声を掛けて下さったというわけだ。

さっそく東宝のJUMBO齋藤氏、PAワークス相馬氏と顔合わせ。
居酒屋でざっくばらんに語り合ったことは今でも覚えている。
企画書もその場で読ませてもらい、ますますヤル気になった。

途中参加とはいえ1年半はみっちり関わったし、打ち合わせにも毎回参加した。
オリジナルはとにかく時間が掛かるし大変だが、その分やり甲斐がある。
実写を書いた経験、町おこしという最も興味あるテーマ、そしてオリジナル。
ここで全力出さないでいつ出すんだと。

★産みの苦しみ
ホン作りは難航を極めた。
基本はコメディだが、かなり踏み込んで町おこしを描いている。
地方に本社を構え、地方創生を地で行くPAワークスの意気込みと覚悟も相当なものだった。
とはいえ町おこしに正解はない。特効薬もない。あればとっくにどこかの自治体が実践している。
絵空事にならない範囲で、しかしありきたりでない町おこしのアイディア。
この絶妙なラインを探るのに監督や脚本家、プロデューサーらが毎週何時間も呻吟していたのだ。
さらにJUMBO氏の意向によりメインキャラの恋愛要素は一切排除。倒すべきラスボスもいない。恋愛でお茶を濁すことも出来ず、分かりやすい悪役との対立構造も使えない中でドラマを組み立てるのがどれだけ大変なことか。

横谷さんも端で見ていてかなり苦労されていたと思う。
私が参加した頃には3話までのホンはほぼ出来ており、4、5話のエピソードについて話し合っている最中だった。
早苗メインの間野山彫刻編である。
まず間野山というフィクションの街をどれくらい現実に寄せるのか。それによって描けることと描けないことが大きく違ってくる。
PAワークス本社のある富山県南砺市が一応モデルということになっているが、当初はそこまで現実に寄せず、あくまで架空の町とする方向だったと思う(実際、9話辺りまでは富山県と明言もしていない)。
場所を明言してしまうと現実に縛られてしまうし、町おこしのアイディアの汎用性が削がれてしまう恐れがある。
何しろ南砺市といえば世界遺産、五箇山の合掌造り集落というチート級の観光資源があるわけで、「何もない町・間野山」の設定から大きく逸脱してしまう。

とは言いつつも、せっかくあるものを活かさない手もない。
南砺市には井波彫刻という極めて精巧な伝統工芸がある。ただし後継者不足に悩まされている現実もある。町おこしには恰好のテーマであろう。
4、5話のネタはその流れで決まったのではないか。

だが、リアル設定に近ければ近いほど描きにくいことも出てくる。
「未来はない」だの「後継者がいない」だの、現実に当事者がいるなかで厳しいことは言いにくいのが人情というものだ。ましてや横谷さんは当事者らに取材をし、直に接している。
では明るい未来を描けばいいのかというと、それも違う。そんなのは部外者の無責任な楽観でしかない。

間野山彫刻編は我々制作陣が最初にぶつかった壁といえよう。
様々な意見が飛び交ったが、結局のところは「愛」しかないんじゃないか。当事者の立場や気持ちに寄り添い、ひたすら考え抜く。厳しい現実も描くが、こうあって欲しいという祈りも込める。ちゃんと誠意を以て題材と向き合えば理解はしてもらえるはずだ、と。

由乃がぶち上げたあの桜池ファミリア計画はまさに我々にとっての祈りなのである。
と同時に、町おこしはすぐに成果が出るものではないという意思表示でもある。そこへ安易にカタルシスを持っていくのはやめよう。由乃たちが悩んで壁にぶつかって試行錯誤し、成長し、少しずつ種を蒔いていくその過程こそを丹念に描いていこう。その意味でこの間野山彫刻編は後の物語の基本フォーマットになったともいえる。

さて、ここからは自分の担当話数を中心に物語を振り返っていこうと思う。

【キャスト】
木春由乃…七瀬彩夏
四ノ宮しおり…上田麗奈
緑川真希…安済知佳
織部凛々子…田中ちえ美
香月早苗…小松未可子
門田丑松…斧アツシ

【シリーズ構成】
横谷昌宏

【キャラクター原案】
BUNBUN

【キャラクターデザイン】
関口可奈味

【監督】
増井壮一

【制作】
P.A.WORKS

各話解説はこちらから←