中村梅雀さん主演の人気シリーズ第7弾。
ワイドショーで人気の毒舌キャスター・糸魚川が殺され、舌を切り取られるという猟奇的な事件が発生。
糸魚川は敵も多く、捜査は難航。果たして犯人の狙いは……?

視聴率的なアレで一度は終了したかに見えた当シリーズ。
しかし不死鳥の如く蘇った。再放送も未だに各地で流れているし、やはり人気シリーズなのである。
実際、相対的に見てもかなり練り込まれているし役者さんも活き活きしているし、面白いと思うんだよな。
ミステリ好きを自認する向きにはぜひ観て欲しいものである。

今回、舌を切り取るという猟奇的犯罪が2サスで通るのかと心配だった。阿部定みたいな展開になるし……。
だがそこはさすがドラマのTBSである。全く問題なかった。

ゲストとして特筆すべきは劇団☆新感線の橋本じゅんさん。2サスでは相当レアかと。
あの人のポテンシャルを引き出せたか分からないが、見事な怪演を見せてくれた。
野間口徹さんとも一度お仕事がしたかった。期待通り!といった感じ。

そして前作に続き、℃-uteの中島早貴さんも再登場。
前回はストーリー上必要があって看護師という設定にしたのだが、それが毎回使えるとは限らないわけで。
レギュラーとして定着するよう、かなり知恵を絞って話を練った。
姉・城下刑事(石川梨華)とのほんわかトークは一服の清涼剤である。

あ、そういえば石川さん結婚したね。うん、おめでたいことだね。野球が上手いって、いいよね。野球が上手くてイケメンって、もっといいよね。
ふう。
実は私自身も前作から変化したことといえば結婚したことである。
少しは作風にいい影響が出ているといいが。
ちなみに私の結婚指輪はツヤ消し加工されており、それを見た石川さんがあっけらかんと一言。
「入江さんの指輪、くすんでますねー♪」
憎めないキャラである。

前作で家族の一員となった真里奈役の前島亜美ちゃん。見た目もこの一年でずいぶん成長した。
今回のストーリーでは真里奈にも大きな変化が訪れる。本人も何やら感じるところがあったらしく、芝居にも反映されていると思う。

なおこれまでのシリーズと大きく異なるのは、ほとんど撮って出しだったということ。
ホン打ちの段階からもう放送日がほぼ決まっていた。
クランクアップから放送までこんなに短期間だったのは初めてである。
ということはタイムリーなネタも扱えるということ。
普段なら半年や一年寝かされるのはざらで、放送時には陳腐化する恐れがあるためなかなか時事問題は扱えなかったのだ。

昨今の、一億総叩きの風潮がテーマである。
結局みんなで監視し合って目くじら立てて生き辛くなってるだけだよね、と。

視聴率は悪くはないが良くもなかった。
続編は微妙なところか。だがオファーがある限り私は書き続けていきたい。
自分にとって大事な作品なのである。

【キャスト】
鈴木五右衛門…中村梅雀

城下香津美…石川梨華
鈴木沙依…原 日出子
稲田隆蔵…中本 賢
鈴木真里奈…前島亜美(SUPER☆GiRLS)

城下香那美…中島早貴(℃-ute)
糸魚川実千子…宝積有香
桑野 茜…柊子
糸魚川直人…橋本じゅん
守嶋亮…野間口徹
塩田佳正…原田龍二

八重樫久吉…村田雄浩

【脚本】
入江信吾

【監督】
皆川智之