o0535035513356425649

村上弘明さん主演のシリーズ第9弾。
オーボエ奏者が演奏中に毒殺!?
美しき完全犯罪に警視庁の一匹狼・広瀬が挑む!

オーボエのリードに毒が塗られていたと広瀬はにらむが、オーボエ奏者は常に複数リードを用意しており、どれを使うかは当日の本番直前まで分からない。
いったい犯人はいつ、どうやって毒を仕込んだのか?
そして旋律に秘められた謎とは?

サスペンスでは珍しい音楽もの。
一度はやりたいと思ってずっと温めていたネタを惜しみなく投入した。

とよた真帆さん、田中美奈子さん。お二人とも美しくて華がある。
佐戸井けん太さん、大浦龍宇一さんは『釣り刑事』以来それぞれ二度目のお仕事。
川村ゆきえさんも『撮らないで下さい!!グラビアアイドル裏物語』でご一緒した。懐かしい。
あとさり気なく『SRサイタマノラッパー』のIKKU(駒木根隆介)が出演しているのも面白い。

また今回、音楽監修としてオーボエ奏者・下羽南さんに私からオファーをさせて頂いた。
以前から個人的に親交があり、いつかぜひ一緒に仕事がしたいと思っていたのだ。
オーボエのみならずほとんどの管楽器を演奏できるマルチプレイヤーであり、作曲家でもある。
シナリオ監修のほか、演奏指導、重要な鍵を握る劇中曲の作曲までして頂いた。
何という多才ぶり!本当に助かった。
下羽さんの方も「いい経験をさせてもらいました」と満足げで、こうやって人を繋ぐのはいいものだなと。

このようにキャストもスタッフも素晴らしく、内容も満足しているのだが、水を差すようなある出来事が。
毎度のことだがこのシリーズ、原作はほとんど無きに等しい(そもそも『刑事の証明』というタイトル自体存在しない)。
毎回モチーフの似た原作を森村作品から引っ張り出してきて後付けで原作表記にしているだけなのだ。
特に私が担当したパート6、8、9はほぼ私のオリジナルである。
なので「そろそろ原作ではなく原案表記にしてくれませんか」と俳優座のPにお願いし、向こうも承諾したはずだった。
それなのにクレジットには「原作:森村誠一『捜査線上のアリア』」とあるではないか。
原案表記どころか、そもそも読んだこともないんですけど。

百歩譲って、偉大なる森村先生の名を冠したシリーズの方が数字が取れるという実情はあるだろう。
だからこそこれまでは我慢していたのだが、今回ははっきりと約束を反故にされたわけだから看過できない。
こういう風潮はホントにどうにかしないといけない。
私がどんなに頑張ってオリジナルストーリーを紡いでも、世間からは「ああ原作ものね」としか思われないのだ。
この徒労感は半端じゃない。だったら『相棒』で使えば良かったとさえ思う。

話は変わるが、似たような……というかほぼ同じネタが後のドラマ『スペシャリスト』で使われていて当惑した。
もうネタばらししてしまうが、劇中曲にはクララ・コードのように愛する人の名前を暗号として潜ませている。
それが真犯人の解明へと繋がっていくのだが、ただCDEFGAHのドイツ音名だとつまらないのでハニホヘトイロの日本音名を用いた。
さらに「イニ」で「仁」と読ませるのは単純すぎて分かる人にはすぐ分かると思い、もう一ひねりして「ロハイニ」→「只仁(ただひと)」としたのである。
これは我ながらよく考えたと思った。恐らく本邦初ではないかという自負もあった。

で、翌2016年2月に『スペシャリスト』第6話でその単純すぎる「仁」のネタがそのまんま使われていたのである。
時期的に考えて私の作品を観て参考にすることは可能だ。しかしいくら何でも偶然だろう。たまたま被ったと考える方が自然だ。
只仁はともかくこの程度のことは誰でも思いつくレベルだし、私が知らないだけで既に小説なんかで使われている可能性もある。
だから事を荒立てる気は毛頭無いのだが、逆に言うと本作の放送から半年しか経っていないのだから関係者の一人くらいは観ていても、覚えていてもおかしくはない。その際に問題はなかったのだろうかとそこが不思議で、当惑する所以である。

まあ脚本の徳永友一氏とは旧知の間柄なので本人に直接訊けば済む話なのだが。

 

【出演】
広瀬和宏…村上弘明
那須恵一…加藤剛
高林久恵…とよた真帆
森島只仁…佐戸井けん太
緋野まどか…田中美奈子
河本美奈代…筒井真理子
藤浪修…松澤一之
杉崎 哲…大浦龍宇一
三浦和也…戸田昌宏
麻生菜々美…川村ゆきえ
後藤英治…駒木根隆介
今井直紀…河内 浩
佐野雄二…加藤 頼
門倉涼子…安藤聡海
磯部正昭…蔵本康文
三浦由妃…池田早紀

【脚本】入江信吾
【監督】伊藤寿浩