ph1

中村梅雀さん主演のシリーズ第五弾。
7年前に謎の失踪を遂げた男・一ノ瀬(大浦龍宇一)。
その妻・珪子(川上麻衣子)から夫の行方を捜すよう依頼を受ける五右衛門。
捜索の果てに五右衛門が辿り着いた真実とは……?

一度やってみたかった成り済ましネタ。
トヨエツ主演の『危険な関係』が大好きなの。
せっかく別の人生を手に入れたのに、成り代わった相手の因縁により破滅するという皮肉さがたまらない。

いつも主人公側と刑事である八重樫(村田雄浩)城下(石川梨華)とを別の筋で走らせておき、中盤辺りで合流させるのがこの作品のユニークなポイントなのだが、今回はちょっと強引だったかな。
でもステンドグラス職人と歯科医との意外な共通点などは単純にウンチクとして面白い。
失踪した夫の生存を確信できる唯一の行為が、毎月支払う生命保険金だというモチーフもすごく好きだ。

そしてシリーズも5作目となるとみんなキャラが立ってくる。
それぞれちょっとずつ人生に変化が訪れていて、この辺がシリーズものの面白さでもある。
五右衛門と住み込み従業員・沙依(原日出子)との恋の行方は――?

キャストのチームワークも抜群。
いつもの五右衛門と八重樫の掛け合いも面白いが、全く空気を読まない女・城下刑事が今回も大暴れ。
婚活を始めた先輩・八重樫に対してホントに酷いことを言います。
SUPER☆GiRLS前島亜美も若いだけあって吸収が早く、芸達者に囲まれてどんどん芝居が上手くなっている。

さて、恒例のエキストラ出演だが、今回初めてセリフをもらえたよー!
(って、自分が書いたホンなんだが)

http://ameblo.jp/ishikawa-rika-official/entry-11564431277.html

↑こんがり刑事がブログにアップしてくれている通り、ホームレスDの役を頑張りましたよ。

この時面白いエピソードがあって、現場に行く前に汚メイクするため控え室へ入ると既に若い兄さんがホームレスに扮して待機していた。
しかしどこか表情がションボリしている。
よくよく聞くと、彼は私と間違えられ、本当は市の職員役なのに有無を言わさずホームレスにさせられてしまったのだそうだ(笑)。

なお誤解なきように言っておくが、私は脚本家の権限で出演しているわけではない。
確かにパート1では好奇心からエキストラを希望したが、以降はプロデューサーが面白がって「今回は出ないの?」と言ってくるからやむを得ず、なのだ。
初回の数字が良かったから験担ぎのつもりなのだろう。
というわけで一部で「出たがり脚本家」と揶揄されているのは、穏やかに暮らしたい私にとって全くいい迷惑なのである。

ゲスト:川上麻衣子、大浦龍宇一、石橋保、IZAM、折井あゆみ、中島愛里ほか

脚本:入江信吾 演出:皆川智之