白夜行

 

累計200万部突破。言わずと知れた東野圭吾氏の代表作。

<ストーリー>
19年前の密室殺人。
容疑者の娘、被害者の息子。
粉々に砕けたパズルのピースがはまる時、刑事は何を見るのか――?

密室となった廃ビルで、質屋の店主が殺された。決定的な証拠がないまま、事件は被疑者死亡によって一応の解決をみる。
しかし、担当刑事の笹垣(船越英一郎)だけは腑に落ちない。容疑者の娘で、子供とは思えない艶やかさを放つ少女・雪穂と、被害者の息子で、どこか暗い目をした物静かな少年・亮司の姿がいつまでも目蓋の奥を離れないのだ。

やがて成長した雪穂(堀北真希)と亮司(高良健吾)。全く面識のないはずの二人の周辺で、不可解な事件が続発する。刑事退職後も真相を追い続ける笹垣自身も命を狙われ、それらの事件が、あるひとつの驚愕の真実を示していることに思い至るのであった――19年前に結ばれた確かな絆の存在に。

私にとって最大の出世作といえるこの作品。
以前からドラマ版が大好きでDVD-BOXどころかサントラまで買い込むほどだった。
小説は後から読み、その大胆な構成に度肝を抜かれた。
原作とドラマ版はいわばコインの裏表のようなもの。
どちらが良い悪いではなく、ドラマ版の思い切った選択は正しいと思った。
連ドラで原作と同じ作り(雪穂と亮司のやり取りを一切見せない)はまず無理だからだ。

自分もこんな作品に関われたらいつ死んでも悔いはないのにと思っていた。
しかしドラマ化も舞台化もされてしまった今、望みが叶う可能性はほぼゼロだった。

そんな時、千載一遇のチャンスが訪れたのである。

以前一緒に仕事をしたフリーのプロデューサー・橋口さんが声を掛けてきたのだ。
「実は映画化の企画が進んでるんだけどさ……」

彼とは数年前ある原作小説を企画開発していた。
脚本も第四稿まで進んでいたのだが、資金難により企画は頓挫。
本来ならその映画がデビュー作になっていたはずだった。

そんなこともあって彼なりに私に対し申し訳なさを感じていたのだろう。
文字通りチャンスを与えてくれたのだ。